共和産業株式会社

Recruit採用情報

先輩社員の紹介

技術部

入社動機

img20160718230227983930
技術部設計室 松元 朋子

ものづくりの仕事に携わりたいと思っていて、自宅から通えることを条件に大学から紹介を受けました。入社試験時に初めて会社を訪れたときのアットホームな雰囲気が決め手となりました。

現在の仕事内容

r0021575

サンバイザーの「設計」をしています。「設計」の主な仕事は得意先(カーメーカーさん)の要求する形状・性能を満たす製品を作る為の図面を描くことになります。

具体的に流れで言いますと得意先から出てきたデザインと要求性能(SPEC)に対して構成する部品の選定と構造を検討します。

検討では3次元CAD内で部品を配置したり、形状を作成しながら各部品が成り立つか、実際にサンプルを手加工で作って評価をしたりします。

これらの検討で問題ないことを確認し、得意先、社内の関係部署の合意を得て図面を出図します。製品が出来上がるとまた試験をし、出てきた問題に対して対策検討と試験を繰り返し量産開始までにクリアするのが仕事です。

仕事の醍醐味・やり甲斐

technology_02

自分が設計したものが形になることで達成感が得られ、やりがいを感じます。

特に、自分が工夫した点や苦労した点が思うように形になると自信になりこれからの業務の糧にもなります。目でみて感じられるのが製造業の特権だと思っています。

今の課題

technology_03

やり直しのない仕事をすることです。設計が発行した図面から他の部署の仕事が始まりす。図面1箇所のミスが次の工程を担当する部署全てに迷惑をかけてしまいます。ミスをすれば訂正するのにエ数がかかりますのでミスのない図面を描きたいと思います。

会社のいいところ

workplace03_20160718120408739

私自身、2回の育児休暇を取得させていただいているように結婚・出産後も仕事が続けられる環境があることです。子供が小さいうちは仕事のウェイトを抑えていただき、落ち着いてからは少しずつ仕事を任せていただけてます。

長く仕事を続けて行きたい私にはありがたいですね。また仕事でしんどいなと感じたときに飲みに誘ってくれる同僚がいることも長く続けてこれた理由です。

OFFの私

technology_05

昨年から上の子がサッカーを習い始めたので、サッカースクールの練習試合だったり、Jリーグの試合を見に行ったりサッカーに関わることが多くなりました。息子と一緒に始めたリフティングの練習も、あっと言う間に追い越され、今は応援を頑張ってます。

生産技術部

入社動機

img20160718230227983930
生産技術部 立木 宏和

私が共和産業を選んだ理由ですが、1つは工場でものづくりをしていること、もう1つは海外に工場があることでした。

共和産業の工場見学で実際に生産現場を見たときに、沢山の機械・人が作業している光景をみて圧倒されました。

その後の説明会でこれからの製造業は省人化・グローバル化を行わないと国内・海外競合メーカーとの競争に敗れてしまう、その為には社内の技術力を上げて行く為に若い技術者を是非採用したいと説明を受け、私も共和産業で活躍することが出来ると思い入社しました。

現在の仕事内容

r0021575

入社以来生産技術部で設備の開発・設計を行っています。

自動車メーカーから新しい車のサンバイザーの見積りが来ますと、販売台数より最適な生産設備を検討します。類似製品の生産ラインの問題点を見直し新しい設備の改善や再設計を行います。

また、現状の生産設備ではどうしても問題が解決出来ないときには全く新しい設備を開発します。今年は、設備メーカーと協力して高品質・省人化の出来る新しい設備を国の補助金を活用して開発を行っています。

仕事の醍醐味・やり甲斐

production_02

生産技術の仕事の1番の醍醐味は生産トライで自分の苦労して作った設備が上手く動いた時です。設備の構想からテスト機を作り、本設備を設計・製作・組み立て、プログラムを行い設備が動き出す。何も無かった所から1工程ずつ物が出来上がって行く様はものづくりの好きな人間にとっては楽しくてたまらないです。

また、生産現場で自分の作った設備が動いていたり、作業者から新しい設備調子良いよと言ってもらえるのも仕事の励みになります。

今の課題

production_03

昨年より開発している新しい検査装置の開発が中々終わらず、新しい設備の構想や改善点のアイディアは沢山あるが手を付けられない。今年こそはロボットを使った新しい設備の開発に着手したい。

新しい仲間と一緒に勉強しながらより良い設備の開発をやって行きたいです。

会社のいいところ

workplace03_20160718120408739

製品の開発・設計・生産まで一貫して社内でやっているのでものづくりの醍醐味を味わうことが出来ます。生産技術部でも製図用のCADソフト、加工機械、組み立てや電気配線も社内で出来るので1から10まで社内で仕事をしっかり覚える事が出来るのも共和産業の良いところです。

また、国内の自動車メーカー全てと取引がありサンバイザーのシェアが8割近く有り業績が安定しているのも良い所です。

OFFの私

production_05

共和産業は長期休暇が長いのでゆっくり旅行に行くことも多いです。仕事でアメリカに長期出張に行くと現地で車の運転を行う事も多いので、プライベートでもヨーロッパ旅行に行ったときはレンタカーを借りて郊外へ行ったりもしました。

普段の週末は最近家を買ったので家庭菜園や庭の手入れや奥さんと買い物へ行ったりして過ごしています。

財務・経理室

入社動機

img20160718230227983930
経理部 宮島 功武

私が共和産業を志望した動機は3つあります。

①自宅から1時間以内の通勤時間以内である事。
②子供のころから自動車、バイク、飛行機、電車などの乗り物が好きであった。
③学生時代、3DCADを専門的に学んでいた為、製造業で設計の仕事をしたかった。
以上の3つです。

現在の仕事内容

financial_01

私が現在行っている仕事は、毎月の会社の損益状況を計算する事と共和産業で製造している物がいくらで作る事ができ、いくらの儲けが出せるか調べる事です。

仕事の醍醐味・やり甲斐

financial_02

入社時の希望の部署とは違い、大学での専門知識を活かす事ができず、やっていけるか不安でいっぱいでしたが、諸先輩方の助けもあり不安はすぐに解消できました。
今では、与えられた仕事の問題点を把握し、今まで以上の精度と少ない工数で仕事をやり切れるか方法を考え、狙った通りに仕事ができた時の達成感にやりがいを感じています。

今の課題

financial_03

入社以来、諸先輩から引き継いだ仕事を精度と効率を改善できるか自分なりに考え取り組んできましたが、今まで取組めていなかった事、前例がない事を新たにルール作り、時には他部署を巻き込んで改善を行うスキルが自分には不足していると思います。
諸先輩方の力をお借りして、一歩ずつスキルアップし、これからの共和産業の為になるような仕組みづくりを行っていきたいです。

会社のいいところ

financial_04

大企業過ぎず、零細企業過ぎないころがいいところだと思います。
具体的には、サービス残業が無く組合や必要最低限の福利厚生もあり、また大企業の様に従業員が多くない分、自部署以外の人ともコミュニケーションも取りやすいくいところや、やりがいのある仕事も任せてもらえる事です。

OFFの私

financial_05

カメラやバイク旅、モータースポーツ観戦など毎週末はやりたい事で予定がいっぱいです。

メニュー

ページトップへ